×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

激安旅行(高速道路を安く利用する方法1)

国内激安旅行でよく使う、高速道路を安く利用する方法を。お教えします。まず、基本的な、ETCカードを使うもの。料金所をノンストップで精算できるETCがほとんどの高速道路で普及してきました。国内激安旅行は、どこでも使えます。さらには、ETCカードを利用した割引サービスも増えてきており、ETCカード割引サービスをうまく組み合わせて利用すれば、激安旅行で高速道路をかなり安く利用できます。まず、ETC前払割引があります。50000円分の高速道路代金を前払いすれば、8000円分おまけがついてくる、相当お得な割引です。もっとも激安旅行で広まっている割引制度です。次は、それは、ETC別納カードです。広告してないんで、マイナーです。このカードは前払いではなく、クレジットカードと同じで、使用した分だけを後になってから、精算します。そのとき、利用金額から5%〜20%程度の割引ついてきます。国内激安旅行で物いりで、後払いが好きな人にはオススメです。

激安旅行(高速道路を安く利用する方法2)

広告が地味なので、案外知られていないのですが、日本道路公団が高速道路の割引キャンペーンをしていることがあります。開催時期・期間・区間は場合によって異なりますが、良く探せば多いです。激安旅行の行き先が決まらないなら、再考をしてみましょう。例えば、北海道スーパー割引5DAYSチケットは、北海道の高速道路を5日間乗り放題で普通車で1万円です。北海道は広いので、北海道激安旅行の場合かなりお安くできます。その他にも遊遊南東北スーパー割引3DAYSチケットや備北・石見スーパー2DAYSチケット等、相当得な割引サービスがあります。首都高速とかでなく、マイナーなとこが多いです。そこへ、サービスエリアでコーヒーが2枚無料でもらえたり、激安旅行先の指定の施設が割引で入れたりとそのほかの特典もついてきます。また、以前なら、激安旅行前に金券ショップに行けば、ハイウェイカードや回数券などを定価よりも少し割安で見つかりました。

激安旅行(高速道路とETC)

このETC別納カードは、協同組合や商工会議所などで申し込みができます。気をつけて欲しいのは、割引率は申し込む場所によって異なること。多くは国内激安旅行でなく、法人や営業個人用になるのですが、個人でも納税証明書を提出すればカードをもらえます。この裏ワザはあまり知られていません。ブラリ激安旅行でなく、決まった激安旅行であれば、みんな利用していました。が、ハイウェイカードは廃止になりつつあり、ETCカード一本化になってきています。不正が多かったからですが、ETCカードは、他のクレジットカードと相互ポイントなので、お得です。ハプニングも含めて、激安旅行の基本です。寅さんを気取ってみましょう。楽しむのが旅行直前予約サイトでは、オズモール(ホテル)のギリギリバザール、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、宿ぷらざ、日本旅行があります。

Copyright © 2007 激安旅行と高速道路の悩みを解決!!